2017年03月29日

突発性難聴の鍼灸医学的分類(1)

突発性難聴は名前の通り突然発症します。
そして原因が解明されておらず、根本的な治療法も確立されていません。

私自身、突発性難聴の鍼灸治療を手掛けるようになって10年経ちました。

なんとか治療の効果を高めるべく試行錯誤を続けています。
タイプ別に分類をしてツボの選択を少し変えてみることにより、
より良い結果が得られるようになってきました。

多いタイプが次の4分類です。

@ 肝気鬱結証(かんきうっけつしょう)タイプ

A 腎虚証(じんきょしょう)タイプ

B 血瘀証(けつおしょう)タイプ

C 血虚証(けっきょしょう)タイプ

専門用語のためわかりづらいと思いますが
ざっくりと言ってしまうと

肝気鬱結証はストレスが主原因のタイプ

腎虚証は冷えや体質的な面での問題が主原因のタイプ

血瘀証は血液が粘ったりドロドロ血液が主原因のタイプ

血虚証は食生活や体質的な面での問題が主原因のタイプ


お一人お一人状況が違います。
またひとつのタイプとは限らず2つ以上のタイプが
混在しているケースも多いので簡単ではありません。
しかし、分類することにより治療の方向性や方針が立てやすくなります。

次回から具体例を挙げてなるべくわかりやすく書いてみたいと思います。


IMG_0128.JPG


  ←  今日の花

posted by かもめ at 08:56| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 突発性難聴と鍼灸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/447779052

この記事へのトラックバック