2016年08月04日

熱中症対策(1) 熱中症のレベル分類

昔に比べ夏が暑くなり、熱中症で倒れる方が増えています。
戸外だけでなく室内で発症するケースも増えており、
油断は禁物です。


熱中症は症状の程度によって3つに分類されます。 

 @ 熱疲労   
頭痛やめまい、吐き気、脱力感などに襲われ、
顔色が青ざめて脈が速くなります。

これは水分不足によって脱水症状が起き、
血管が急激に拡張するために血圧が低下し、
脳への血流不足が起きているためです。

A 熱けいれん 
大量の汗をかいたのに水しか飲まず、
塩分が補給されない場合によくおこります。

血液中の塩分濃度が下がりすぎると、
塩分を多く必要とする筋肉、
特にふくらはぎや腕、お腹の筋肉に
痛みを伴う強いけいれんが起こるようになります。

水を飲んでいるからといって安心はできません。
CWFA030.jpg

 B 熱射病   
熱中症でも最も症状が進行した状態で、
体温が40度を超えるなど、
体温調節機能がマヒして汗もかけなくなってしまい、
暑いのに皮膚は乾燥していたり、
反応が鈍くなったり意識が低下するといった
さまざまな意識障害が起きてきます。


症状によっては
救急搬送が必要です。 


@の「熱疲労」やAの「熱けいれん」のレベルでは、
涼しい場所に運んで衣服をゆるめ、
水分や塩分を補給すれば症状は回復してゆきます。

しかし、Bの「熱射病」が疑われる場合は
すぐに救急車を呼んでください。
死亡率が高いのがこの熱射病で、
処置が遅れると命にかかわります。

CWFA039.jpg

救急車が到着するまでの間も、
濡れタオルを当てたり、水をかけて冷やしたりして、
できるだけ体温を下げることが大切です。
また、意識がない状態で無理に水を飲ませてはいけません。

熱中症予防のポイントを次回で書きたいと思います。

Produced by かもめ針灸治療室

健康だより一覧へ  ツボ療法一覧へ






posted by かもめ at 13:46| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 医学全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/440542581

この記事へのトラックバック