2016年07月28日

夏バテ予防にクエン酸

いよいよ関東も梅雨明けしました。
カラ梅雨気味で結構暑い日々もありましたので、
今年の夏はもういいや、って感もあります。

そこで今回は夏バテ予防にクエン酸という話。

人間の活動エネルギーは主にご飯やパンなどの炭水化物ですが、
食べてそのままエネルギーになるわけではありません。

腸で吸収・分解され、肝臓で再合成されて
血液に乗って全身の細胞に運ばれます。

細胞内でもいくつかの過程を経て
最終的にATPという物質に変わってはじめて
体のエネルギー源になります。

その際、乳酸という副産物が発生します。
物を燃やすと煤(すす)が出ますが
そのようなものと考えてください。

この乳酸は疲労物質として知られており
時間とともに有害物質に変化してゆきます。
筋肉中に蓄積すると筋肉が緊張し、
こわばった状態になり肩こりや筋肉痛を起こします。

乳酸が全身に行き渡ると
体が酸性化に傾き全身疲労を感じます。
これが夏バテの一因になります。 

この乳酸を分解して水と二酸化炭素に変え、
体から排出させてくれるのがクエン酸です。

クエン酸は酸っぱい食品に多く含まれます。
たとえば梅干、醸造酢、レモンなどです。

IP03_E03.JPG

昔から「酸っぱいものを食べると疲れが取れる」
と、いわれますが、先人の知恵は素晴らしいものです。

クエン酸をしっかり摂って
今年の夏を元気に過ごしたいものです。

Produced by かもめ針灸治療室

健康だより一覧へ  ツボ療法一覧へ





posted by かもめ at 18:20| 神奈川 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 医学全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
最近特に足が疲れます。むくみが多いとなおさらです。乳酸にはクエン酸が好いのですね。梅干を食べていますがすっぱいものをもっと食べて・・むくみを解消したいですね。有り難う!。お体を大切に。
Posted by 走れ!でんどう三輪車 at 2016年07月28日 20:28
でんさんへ

梅雨が明けた途端、かなりの猛暑ですね。
横浜も30度は超えているようですね。
おたがい体をいたわってこの夏を乗り切りましょう。
私も毎日、梅干しと黒酢を欠かさず摂るようにしています。
Posted by かもめ at 2016年07月29日 13:14
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/440280676

この記事へのトラックバック