2016年12月15日

腎兪(じんゆ)と健康

「一番大切なツボってありますか?」

こうした質問をたまに受けます。
ツボの数はWHO(世界保健機構)認定のものだけでも361あります。

それぞれに効能効果があり、
その組み合わせにより働き方も変わってきますので
どれが一番というのはありませんが、
私自身、一番使っているのが腎兪というツボです。


腎兪は腰椎の2番と3番の背骨の間から外側へ
3p位のところにあります。

治療に来られている方、ほとんど全員に
このツボにはハリかお灸をしています。

患者さんによっては多少の“響き(ひびき)”
(チクッとしたり、ズンと感じたり)を与えます。

ハリ治療2.jpg

東洋医学の古典には、
老化は腎の衰えから始まることや、
水分代謝、脳髄の働きや体温調節、
はては耳の働きを支えていること
なども記述されています。

女性では月経、妊娠、出産などにも
深く関与していると書かれてあります。

尿の生成が促進されるせいか、
治療直後にトイレに行きたくなったり、
翌朝のオシッコの勢いが良くなったりすることで
実感できることもあります。

Produced by かもめ針灸治療室

健康だより一覧へ  ツボ療法一覧へ





posted by かもめ at 18:18| 神奈川 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 東洋医学・鍼灸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/440280596

この記事へのトラックバック