2015年05月03日

不妊症と鍼灸(ハリきゅう)その9 東洋医学からみた不妊症

不妊症と鍼灸(ハリきゅう)その1に戻って読む
不妊症と鍼灸(ハリきゅう)その8に戻って読む

シリーズの前回までは主に西洋医学の立場から見た不妊症の話でした。

今回は東洋医学から見た不妊症です。

難しい話は割愛してザックリ述べてしまいますと、
妊娠に一番関係が深いのは
 『腎経(じんけい)』というツボの流れ  になります。

正式名称は『足の少陰腎経(あしのしょういんじんけい)』と呼ばれます。

体には14本のツボの流れがありその中の1本なのですが、
この『腎経』の働きが弱いと不妊症につながりやすいと考えられます。

経絡図.jpg
勘違いしないでいただきたいのですが、『腎経』の『腎』と『腎臓』は同じではありません。
腎臓はあくまで臓器そのもの を指しますが、『腎経』の腎は
腎臓機能も含めて、からだのいろいろな機能をコントロールしているシステム

と考えてください。

具体的に『腎』が関わっている機能を挙げますと

@ 発育、老化、生殖をつかさどる
A 水液代謝をつかさどる
B 呼吸作用の補助をする
C 骨をつかさどり、髄を生じ、脳を充たす
D 耳と二陰に開竅(かいきょう)
E 腎は腰の府

これを見ると、西洋医学で言うところの腎臓とかなり違いますね。

(詳しく知りたい方はこちら ⇒「腎と腎臓のちがい」  をごらんください。)

@で出てくる「発育、老化、生殖をつかさどる機能」が腎の大きな仕事のひとつです。
つまり命の誕生や成長、老化、そして命の終焉までをつかさどっているのです。

もう少し具体的に挙げますと、女性の月経や妊娠、出産にかかわる症状、
生殖能力の盛衰なども関わってきます。

最近、アンチエイジングが話題になりますが、これも腎が重要なカギを握っています。

興味のある方はこちら ⇒ アンチエイジングと鍼灸

極論すれば、不妊治療の最大のポイントはこの

腎の状態をいかに良くしてやるか

に尽きます。

あとは『肝経かんけい)』『脾経(ひけい)』『膀胱経(ぼうこうけい)』『肺経(はいけい)』
『任脈(にんみゃく)』『衝脈(しょうみゃく)』などを必要に応じて加えます。

不妊治療における鍼灸の役割は、

母体の健康状態を良くして、質の良い卵の成育を助けたり、
精子との受精能力を高めたり、子宮内膜に着床しやすくしたり、
男性の場合は精子の状態を改善したり、

ということになります。

西洋医学の高度生殖医療がピンポイントの攻めの治療と考えると、
鍼灸はそれがうまくいくように

縁の下から持ち上げる治療

といえます。

当然ながら、自然妊娠が可能なカップルな場合は
鍼灸のみでも十分妊娠までサポートできると思います。

IP08_I37.JPG

不妊症と鍼灸(ハリきゅう)その10 を読む


ただいま不妊鍼灸キャンペーン実施中です

詳しくは ⇒ こちら


Produced by かもめ針灸治療室

健康だより一覧へ  ツボ療法一覧へ




posted by かもめ at 10:03| 神奈川 | Comment(0) | TrackBack(0) | 不妊症と鍼灸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/417504544

この記事へのトラックバック