2015年04月08日

不妊症と鍼灸(ハリきゅう)その5 不妊治療でかかるお金

不妊症とハリ灸(その1)に戻って読む

不妊症とハリ灸(その2)に戻って読む

不妊症とハリ灸(その3)に戻って読む

不妊症とハリ灸(その4)に戻って読む


これから不妊治療を考えている方へ経済的負担、つまりお金のことを少し書きたいと思います。

ネットでも情報は集められます。
知り合いで不妊治療を経験した方や、今通院中の方などに聞かれるとより詳しいことがわかると思います。

不妊治療はすごいお金がかかる、というイメージがありますが状況次第です。

高額な費用が必要なのは体外受精や、顕微授精などのいわゆる「高度生殖医療」を受ける場合です。
回数が重なると500万円以上かかった例もありますから。

ホルモン剤などの薬物療法やタイミング法による自然妊娠をめざす段階であれば、健康保険適用ですので諸検査費用を入れてもそれほど心配はない金額のようです。

タイミング法でなかなか妊娠できなかったり、ご主人側に問題があるような場合には人工受精をすすめられることになると思います。

人工受精からは保険の効かない自由診療になりますので、医療機関で費用が違ってきます。
1回5000円〜20000円と結構幅がありますが、15000円くらいが平均のようです。

人工受精と聞くと人工的なイメージですが、ほとんど自然妊娠に近いものだと考えていいと思います。

CDGY001.jpg

性交渉で放出された精子が、長い道のりをよじ登り、卵子がやってくる卵管の待ち合わせ場所に到達するという過程をカットして、
その場所近くに濃縮された精子たちを授精用カテーテルで注入してくるだけですから。

そこから先は成り行き任せですから、そういう点では自然妊娠に近いことが行われているわけです。
タイミング法が恋愛結婚なら、人工受精はまわりが段取りしてくれるお見合い結婚みたいなもんでしょうか。

人工受精の成功率ですが、これは医療機関の技術的な差はあまりなくて、むしろ母体の状態次第でばらつきが大きいようです。

つまり、妊娠する方は1〜2回の人工授精で妊娠するのですが、うまくいかない方は5回以上トライしてもうまくいかなくて、医療機関を変えてもやはり同じ結果のようです。
したがって4〜5回やってうまくいかない場合は体外受精をすすめる、という医療機関が多いようです。

実は人工受精が思うように行かないな、というこの段階が

ハリ治療を検討してほしい時期です。

理由は3つあります。

理由の1つめは、このシリーズの3回目で紹介した日本生殖医学会で発表された「明治鍼灸大学の論文中のデータ」です。

人工受精を5回以上やっても妊娠できなかった方だけを集めてハリ治療を行い、約4割の方が妊娠したという事実。
母体の状態を改善すれば同じ人工受精でも成功率がこれだけアップするのですから、やって損はありません。

理由の2つめはお金の問題です。

実は人工受精と体外受精ではかかるお金がけた違いにアップします。
その辺の詳しい話は次回にいたしますね。

不妊症と鍼灸(ハリきゅう)その6 を読む


ただいま不妊鍼灸キャンペーン実施中です

詳しくは ⇒ こちら


Produced by かもめ針灸治療室

健康だより一覧へ  ツボ療法一覧へ



posted by かもめ at 18:56| 神奈川 | Comment(0) | TrackBack(0) | 不妊症と鍼灸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/416612290

この記事へのトラックバック