2007年01月15日

爪もみ療法


爪の生え際に井穴(せいけつ)というツボが存在していて、

ここを刺激すると様々な病気に効果があることが分かってきました。

今回はそれを応用した「爪もみ健康法」を紹介します。


現代社会はストレスが多く、自律神経が緊張モードに傾いたままの生活が増えています。

これにより免疫をつかさどる白血球中の顆粒球、リンパ球の比率が崩れ、

体内に活性酸素が大量に放出されることにつながります。


初期のうちは原因不明の不定愁訴ですが、

この状態が長く続くと粘膜や血管、内臓に至るまで全身に影響が及んできます。

最近の研究で自律神経の乱れは単に自律神経失調症や更年期障害だけでなく、

ガンや脳卒中、心臓病を初めとする生活習慣病の原因にもなることが分かってきました。

鍼灸治療は自律神経の乱れを改善する効果がありますが、

特に井穴刺激は自律神経をリラックスモードに導き、安定させてくれることが

近年、科学的にも証明されてきました。

(逆に緩みすぎている場合には、適度な緊張状態に戻します。) 


爪もみはいつでもどこでも簡単にできる井穴刺激です。

(免疫学研究で有名な、新潟大学の安保先生を中心とするグループが提唱)


(やりかた)  写真のように爪根の横を少し痛いくらいの強さで3〜5秒間圧迫します。

爪もみ.jpg

指腹でもいいですが爪先のほうが少ない力で刺激を与えられます。

足が冷える方は足の指もやるといいでしょう。毎日続けると効果が出てきます。^^)



ブログランキングに参加してます。
あなたのクリックが励みになります!
人気blogランキングへ

Produced by かもめ針灸治療室





posted by かもめ at 20:11| ☔| Comment(6) | TrackBack(0) | ツボ療法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは!
今日小田原からのメール便が届いてびっくり!
かもめさんから届くとは思わなかったので、感激していました(*^_^*)
本当にありがとうございますm(__)m
早速見てみます。
それから、爪もみはカウンセリングで学んだ「FAP」という、自律神経を落ち着ける方法に似ていますね。
なるほどと思いました!
Posted by サト at 2007年01月16日 21:41
サトさんへ
そうですか…、「FAP」という治療法に似ているんですか。
そのうちブログで教えてください。^^)
Posted by かもめ at 2007年01月16日 21:54
かもめさん、
この爪もみは、10本の指、満遍なくやった方が良いのですか?
「爪もみ健康法」簡単なのに、様々な病気に効果があるんですね。
早速やってみよう!って片方しか出来ないけど(^^)
Posted by 絵夢 at 2007年01月16日 23:27
絵夢さんへ
そうです、全部の指をやるといいです。
(薬指はしないほうがいいと言う先生もいますが全部やったほうがベターと思います。)
先が丸く尖った物、たとえばボールペンの軸先などでやる方法もありますよ。
がんばって続けてみてください。^^)
Posted by かもめ at 2007年01月17日 18:48
足が疲れて痺れがあるので早速やってみます・・時々勝手に同じ事をしていましたが・・効果があるのですね・・有り難う・・応援のポチ。
Posted by でんどう三輪車 at 2007年01月18日 18:16
でんさんへ
いつも応援有難うございます。
爪もみと脚のマッサージ(下から上への)を療法やるとさらにベターです。
爪もみは自律神経の調節、脚のマッサージは血液循環を改善し、筋肉の疲れを取ってくれます。
毎日続けてくださいね。^^)
Posted by かもめ at 2007年01月18日 22:27
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/31465709

この記事へのトラックバック