2006年06月23日

筋ポンプの活用が健康を左右する




ブログランキングに参加してます。
よろしかったら、あたたかい一票を!
人気blogランキングへ



体のすみずみに栄養と酸素と熱源を運んでくれる血液。

そして、それをめぐらせるポンプ、心臓。

ところが心臓というのは押し出す力は強いのですが、吸い込む力は案外弱いのです。

ましてや、リンパ液のように粘りの強い液はなおさらです。

特に、下半身の静脈血(心臓に戻る血液)は重力のため上に昇ってきにくく、
心臓は負担を強いられます。

体はよくできていて、心臓のほかにもう一つのポンプを持っています。

それが筋ポンプというものです。

静脈管(心臓に戻る血液が流れる血管)には逆流防止の弁がついています。

筋肉を動かすと静脈はギュッとつぶされて血液は上へ送られます。
その分、下から吸い上げられます。

上に昇った血液は逆流防止弁により、下に戻らない。

心臓が電動ポンプとすると、筋ポンプは昔よく使った手動式のポンプといえます。

手動式だから、自分で努力しなければ働いてくれません。

この筋ポンプを効率よく働かせてくれるのがウォーキングや散歩です。

毎日のウォーキングは薬以上の効果があることがわかってきました。

また、体操も有効です。

ただし、あまり無理せず自分の体調に合わせて行うようにしましょう。

軽めにして継続を心がけてください。

長く続けることにより血糖値の安定化、コレステロールの低下も期待できます。

ストレスも発散されて、いいことずくめです。

カロリー消費の面だけでなく、筋ポンプを働かせて心臓を助け、体のすみずみに
血液を巡らせて健康を増進させてくれます。

運動ができない方は、腕や足を心臓より高くしたり心臓方向にマッサージをして
血液を戻りやすくしてあげるのも有効です。

次回は『筋ポンプ活用で静脈瘤予防』というテーマで書きたいと思います。

Produced by かもめ針灸治療室






posted by かもめ at 12:05| 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | 医学全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
心臓方向にマッサージって、どんな感じでやれば良いでしょうか?
擦る感じでも良い?
Posted by 絵夢 at 2006年06月24日 16:08
絵夢さんへ
それでいいですよ。
親指と人差し指でしっかり挟み、ゆ〜っくりと心臓へ向けて、血管の中の血液を絞り戻す感じです。
最初はうまくできないかもしれませんが、だんだん慣れますよ。
入浴時、体を洗いながらやると滑りが良いので楽にできると思います。^^)
次回の記事でもう少し詳しく書きたいと思います。
Posted by かもめ at 2006年06月24日 22:28
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/19594277

この記事へのトラックバック