2006年07月06日

レッドゾーン症候群

ブログランキングに参加してます。
あなたのクリックが励みになります!
人気blogランキングへ


患者さんの近所の男性が、心筋梗塞で急逝されたそうです。

41歳、妻と子ども3人を残して…。

運送会社に勤務していて、路肩に車を止めエンジンをかけたまま亡くなっていたとのことです。

助けを求めることもできなかったのでしょうか…。



先月も同じような話を聞きました。

私も運送会社でアルバイトをしたことがあり、重労働であることは身をもって知っています。

今はもっと大変でしょう。

時間指定は守らねばならないし、今月からは駐禁問題…。

確かに宅配のドライバーが荷物を抱えて走ってる光景をよく見ます。

歩いていたんでは間に合わないのでしょうね。

おにぎりやパンをほおばりながら運転しているドライバーも見かけます。

昼休みや休憩時間などほとんど無さそう…。



アドレナリンを大量に分泌しながら、レッドゾーン状態で早朝から深夜まで長時間突っ走っている…。

(レッドゾーンとは:エンジンの限界回転数を示す領域。
           この領域まで回すとエンジンが壊れるので赤く塗ってある。)

私に言わせると、『レッドゾーン症候群』。



緊張やストレスはアドレナリンという、交感神経を優位にさせるホルモンを出させます。

このホルモンはは、大量に出すぎたり長時間出続けたりすると、交感神経が極度に興奮し、
体はレッドゾーン状態になります。

つまり体にとって、アドレナリンは出すぎると『毒』になります。

ヘビ毒やサソリ毒に匹敵するこのホルモンは、微量だからこそ有用なのであり、
過剰になると血圧の異常上昇、血管の異常収縮を引き起こすのです。

これに睡眠不足や慢性疲労で血液自体も粘っていれば、
脳卒中や心筋梗塞の発作が起きやすくなるでしょう。



ドライバーに限らず、ストレスを連続して受けながらの仕事をする方は、
程度の差こそあれ危険性を抱えています。

定期検査で大丈夫と言われていても安心してはいけません。

心配な方にぜひすすめたいのが、仕事途中の『10分休憩法』です。


心配な方にぜひすすめたいのが、仕事途中の『10分休憩法』です。

10分が無理なら5分でいいですから、横になってください。

横になれなかったら、突っ伏してでもいい、とにかく体中の力を抜いた状態を作って下さい。

私は昼食後、ベッドの上で15分間の瞑想タイムを作っています。


その際には、静かな音楽を小さな音量で流します。

私のお気に入りはいつも同じ…。

 『101ストリングスのララバイ(子守唄集)』(いいんだなぁ〜、これが!)


演奏が始まると、

『パブロフの犬』じゃないけど、条件反射的に緊張がほぐれて眠くなってしまいます。

近頃は瞑想したことがありません。

する前に眠ってしまうのです。(笑

慣れないうちは眠れないと思います。

それでもいいのです。

全身の力を抜いて休むことによって、アドレナリンをストップさせ、
心拍数、血圧を下げるのです。

回転数をレッドゾーンから大幅に落として、過熱したエンジンを休めるのです。

毎日やっていると、慣れてきて、まどろんだりできるようになります。

そう、忘れず目覚ましかけてくださいね!

私はまどろみすぎて、午後一番の患者さんに起こされたことありました。(爆笑

ほんの数分の眠りでけっこう頭もスッキリしますよ!

Produced by かもめ針灸治療室





posted by かもめ at 21:51| ☔| Comment(9) | TrackBack(0) | 医学全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
残念なお話です・・・。

自分の体に過信は禁物ですね。

仕事も大切ですが、体壊したり、死んでしまっては元も子も無いのだから・・・。

家族のためにも健康一番!
Posted by おさたん at 2006年07月07日 17:02
かもめさん・「15分休むこと」・・そうですね・・配達のあだに一休みした日と・・連続して配達した日では疲れ方が天地の差です・・配達が多くても・・必ず15分は休むようにしますね・・いいお話を有り難う!
Posted by でんどう三輪車 at 2006年07月07日 20:12
おさたんさんへ

患者さんから、いろいろ学ばせていただけることに日々感謝しています。
ほんと、まずは自分の健康が大切ですね。
ありがとうございました。^^)


でんさんへ

脚のためにも、仕事の合間に休んでくださいね。
そして、いつまでも創作活動続けてください、応援しています。^^)




Posted by かもめ at 2006年07月07日 22:32
かもめさん、私は睡眠時間が少ない上(3時間)、
休憩(身体を横にすること)もしないのです。
『レッドゾーン症候群』で倒れないように
休まないと
ヤバイかしら.... \(´O`)/ ファ〜

Posted by 絵夢 at 2006年07月08日 01:48
絵夢さんへ

それはヤバイですネェ〜。^^)
緊張状態でこの状態だったら、ほとんどレッドゾーンですが、のんびりペースならいいと思いますよ。
でも、少し横になってくださいね。
日中、眠くなりませんか?
Posted by かもめ at 2006年07月08日 08:18
あんまり、睡眠時間が短いので、名医に相談したのです。
「気にするな」と。
ナポレオン並みの私。例え3時間でも深く寝ていれば良し。だって
痛みで眠れないし、痛みで目が覚めちゃうし、
何故3時間かというと、眠剤が3時間しか効かないタイプだから...
仕方ないの。 。・゚・(ノД`)・゚・。
Posted by 絵夢 at 2006年07月08日 23:01
絵夢さんへ

レッドゾーン状態で毎日3時間だと心配ですが、絵夢さんの場合、レッドゾーンではないようですから大丈夫と思いますよ。^^)
Posted by かもめ at 2006年07月09日 10:03
ブログに来て下さってありがとうございますm(__)m

私も、昼間予約のない時に、カーテンの陰で爆睡することがあります・・・
本当に気持ちいいですよね!

ただ顔に筋をつけて次の方の相談に入らなければならないことも…^_^;

これからは、自信を持って爆睡できます!
Posted by サト at 2006年07月09日 17:28
サトさんへ

こちらこそ、ありがとうございます。
そうなんです、顔の筋はなかなか取れないんですよ。(笑
我々の仕事はまず自分が健康でなければ言葉に説得力が出ませんよね。
伸びきったゴムは切れやすいですから、時々緩めるためには多少の筋には目をつぶっていきましょうね。^^)
Posted by かもめ at 2006年07月10日 09:31
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/19342418

この記事へのトラックバック