2006年05月19日

認知症を防ぐには

ブログランキングに損族してます。
よろしかったら、あたたかい一票を!
人気blogランキングへ


「長生きはしてみたものの……」。

日本人は世界一の長寿国にはなりましたが、実態は安易に喜べない状況です。

体はまだ元気なのに認知症が始まってしまったり、
なかには寝たきりと認知症を両方かかえている方もいます。

予測では介護が必要な方がこれから急激に増えてゆくそうです。

将来に不安を感じてしまいますね。

予防の方法は無いのでしょうか?

現在の医学では認知症治療は非常に困難ですが、
ある程度予防はできる
と私は思います。

1人1人、状況が違うのでこれだけやれば大丈夫という方法はありません。

しかし、共通の大切なポイントがあります。

今年90歳のSさんは週一回の治療を9年続けています。

初診時は腰や膝の痛みに加え、不眠や頭重感に悩まされていました。

当初、真っ白でかなり薄かった髪の毛が1年を過ぎたころから変わり始めました。
黒い毛が目立ちだし、量も増えてきたのです。

それにともなって不眠や頭重感、あたまのモヤモヤや視力も改善してきま
した。

脳の血流がよくなると最終的には髪にまで栄養が及ぶのでしょう。

認知症の一番の直接原因は脳疾患です。

つまり、脳梗塞や脳出血などの脳血管の異常により脳そのものが障害を受け、
脳細胞が壊死や萎縮することによっての発症が最も多いのです。

また、脳疾患がはっきり認められなくても老化現象により脳が徐々に萎縮して
少しづつ認知症が始まるケースも増えてきました。

認知症にもランクがあります。

誰がみてもわかる重度のものから、一見しただけではわからないような
軽度のものもあります。

むしろ、正常部分と認知症部分が混在している場合が多いようです。

脳の障害の程度によりそのランクが決まると考えてよいでしょう。

つまり認知症予防のポイントは脳内の血液循環をよくすること
これにつきます。

そして、もうひとつ大切なポイントがあります。

極端に弱い臓器を作らないことです。

五臓六腑という言葉があるように、人体はさまざまな内臓が中心となって
協調しながら生命活動を営んでいます。

長寿の方の共通点のひとつは、内臓がバランスよく老化していることです。

極端に弱い臓器を持たないということが大切な条件のひとつと思います。

Nさんは、10年前から心臓病で病院へ通院していましたが、
2年前に心筋梗塞の発作で1ヶ月入院しました。

それ以来からだの調子が今ひとつで、仕事で無理がきかなくなり、
糖尿と肩の痛みにも悩まされるようになってしまいました。

鍼灸治療をはじめて10ヶ月、心臓の機能の回復とともにいろいろな症状も

影を潜め、最近では小旅行もできるようになりました。

弱い臓器のレベルアップが体全体の調子もよくしてくれます。

したがって現在、内臓の持病や慢性の病気を抱えている方は、
まずそれを悪化させないこと、
一歩でも二歩でも改善させることにより、全身状態のレベルアップにつながります。

血液、リンパ液の循環や神経の伝達をよくすることが
認知症予防や健康増進のために重要なポイントですよ!
^^)

次回は『認知症予防のツボ療法』について書いてみたいと思います。

Produced by かもめ針灸治療室






posted by かもめ at 11:21| ☔| Comment(6) | TrackBack(1) | 医学全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
HPもお持ちなんですね。先ず初めて訪れた時に読んだのは「日記」からでした。
(^^;)痛そうなページは後からにしょうと。(笑)
夫はたまにお灸に行くのですが、私には非常に恐ろしい世界でして、まるで
拷問の様な感覚でいました。(オーバーな)
Posted by 絵夢 at 2006年05月19日 21:16
絵夢さんへ

HPみていただいてありがとうございます。
PCあんまり得意でないので、絵夢さんからみたら子供だましのようなもんで、チト恥ずかしい気がします。

私もこの仕事に入る前は、お灸のイメージ、絵夢さんと一緒でしたよ。
でもね、心地よいあったかさの温灸とかもあって、何が何でも熱いのをガマンしてもらう訳じゃないんですよ。
治療中寝ちゃってる患者さんも結構いらっしゃいますから…。
食わず嫌いのはずが案外はまったりするかもね。^^)
Posted by かもめ at 2006年05月19日 21:40
絵夢ちゃんが来ている・・痛くて熱いのがいいよ!・嘘。
先日電車の前に座っている60代のオバサンお二人「死ぬ時は苦しまずコロンと行きたいわねー・・だから今はダンスして楽しんでいるの」と話していました・・誰でもそう思うものでしょうが・・そうは問屋が卸さないのが人生!ですね。
Posted by でんどう三輪車 at 2006年05月20日 04:08
でんさんへ

いつもありがとうございます。
体と気持ちは別物で、自分の思いどうりには行かないものですね。
脚の具合はどうですか?無理しないでくださいね。
Posted by かもめ at 2006年05月20日 12:04
でんちゃん何てこと言うの。
かもめさん、でんちゃんに飛び切り熱いのを1つ据えてやって下さい。
なんてね(^o^)
「かもめ」って良いですね。平仮名で丸っこいでしょ。
角が取れてて、優しい感じ。「かもめ」さんにした由来は何ですか?
Posted by 絵夢 at 2006年05月20日 23:10
絵夢さんへ

自営している治療院が、『かもめ針灸治療室』という名前なもんで…。
(これでは、由来というより、ただ取って付けただけ。^^:)

最寄の駅が鴨宮(かものみや)、近くの神社が加茂(かも)神社、海にはかもめが飛んでいる、まあそんなところから何となくついたんでしょう。(軽いというか、無責任というか…。笑)



Posted by かもめ at 2006年05月21日 10:04
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/17994104

この記事へのトラックバック

人はなぜ「認知症」になるのか
Excerpt: この世の中で起こるすべての物事には意味があり、ことに病気の発症には、私達が精神的な成長、霊的な成長を遂げていく上での重要な意味があるのだと思います。「認知症」にはどのような意味があるのでしょうか。
Weblog: 【身体と心と世界を癒す!】
Tracked: 2006-05-21 17:02