2006年04月07日

Sさんの『ベロ日記』

ブログランキングに参加してます。
よろしかったら、あたたかい一票を!
人気blogランキングへ

今日治療に来られたSさん、昨日病院で褒められたと
ニコニコ話しをしてくれました。


病院で測る血圧が、家での数値よりいつも高いので、
記録してある手帳を持っていったのだそうです。

医者はフンフンと頷いてみていましたが、首をひねりながら
Sさんに尋ねました。

「この奥が剥げてるとか、色がどうだとか書いてあるのは何のこと?」
「それは舌のことを書いてるんです。」
「舌に、興味があるの?」
「体調によって舌が変化するんです。1日2回見ています。」


手帳には、日付、天候、血圧、舌の状態、体調、
その日の出来事も書きとめて…。

10年間続けていることを聞いて、医者はウンと褒めてくれた
というのでした。


Sさんは10年前から、週1回欠かさず治療にみえています。

慢性の腰痛で、ずいぶんと苦しまれたようでした。
いい治療院があると聞けば、他県にまで出かけたそうで、
少しずつ楽にはなってきているもののまだまだ本調子ではない、
そんな状態でここにこられました。

私は治療前に、必ず血圧測定、舌診(舌の状態を観察すること)、
腹診(おなかを触って状態を調べること)を行います。
初診時だけでなく、毎回です。これに加えて問診をして
治療がスタートします。


「どうして、いつも舌を見るのですか?」
10年前、彼女は、こう質問をされました。

他の患者さんからも、たまに聞かれますので、その時はこう答えます。

「舌は、内臓の鏡です。からだの内部の状態がよく現れます。
からだは常に動いていますから、先週と今週の舌は違っています。
場合によっては朝と夜でも変化してますよ。だから、
必ず診てから治療するのです。」

実際、彼女の舌はかなりひどい状態でした。

「毎日、鏡に向かったとき、忘れず舌を見る癖をつけてください。
毎日見続けていると理屈ぬきに、何となくわかってきますから。」
と、話したと思います。

1週間後、彼女が興奮気味に話されたのを覚えています。
「先生、ホントに朝と夜では舌、変わるんですね、びっくりしました!」

まさか、あれから10年間手帳に書き続けていたなんて…。

「私のベロ日記だねぇ。おかげでこの頃はベロ見て、少し疲れてるかな、
今日は無理すまい、なんてやってるよ。腰痛も出ないからありがたいよ。」

そう、いって笑われた。

……、頭が下がる思いです。

こんなに、前向きに懸命に努力してくれてるSさんの話を聞き、
こちらも襟を正して、治療に取り組んでゆかねば、そう強く思いました。

(舌についての記事は 『舌は内臓の鏡』にも書いています。)


Produced by かもめ針灸治療室




posted by かもめ at 21:25| ☔| Comment(5) | TrackBack(0) | 東洋医学・鍼灸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今日9日は朝早くから枝垂桜を・かあちやんと見に行ってきます・・応援のポチだけ入れて・・行ってきます。
Posted by でんどう三輪車 at 2006年04月09日 06:28
いつもありがとうございます。
昨日の風雨で、花もだいぶ散り出しているでしょうね。でも、花吹雪とやんわりと芽吹きだした緑の葉のコントラストも素敵です。今日はお天気も最高!奥様と楽しんできてください。
Posted by かもめ at 2006年04月09日 13:52
もっと自分の舌を観察しようと思いました。鍼灸師としての意識が欠けていました。Sさんを見習って毎日欠かさず見ようと思います。
Posted by クリ助 at 2006年04月10日 01:13
Sさん、ほんとにすごい方ですね。
飽きっぽい私から見ると、同じことをずっと続けられるひとは、尊敬してしまいます。私はベロどころか、顔もよく見ないほうなので、見習わなきゃとおもいました。
Posted by medwriter at 2006年04月10日 09:15
>クリ助さんへ。

私も自分の舌見るのを、結構忘れるんですよ、患者さんにはうるさく言ってるくせに…。(^^;)患者さんから教わることが多くありがたいです。

赤ちゃん、かわいいでしょう。息子を抱いて目尻の下がったクリ助さんが画面の向こうに見えるようです。


>medwriterさんへ

舌は消化器の先端ですから、唯一肉眼で見られる内臓、とも言えますよね。

舌を通して自分の内臓をチェックする、そんな思いで毎日みてみましょう。……私も(^^;)
Posted by かもめ at 2006年04月10日 12:52
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/16256889

この記事へのトラックバック