2006年04月02日

不眠、浅眠のツボ療法

ブログランキングに参加してます。
よろしかったら、あたたかい一票を!
人気blogランキングへ

原因は一人一人違うので、ツボの選び方が難しいのですが
代表的なツボを紹介します。

使用ツボ:3点(6ヶ所)

@ 内 関 (ないかん)
A 太 衝 (たいしょう)
B 失 眠 (しつみん)

この6ヶ所を指圧してみましょう。


内関
naikan.gif.jpg
手首を内側に曲げるとシワができます。

そのシワの中央から肘に向かって5センチ位の所。

左右で2ヶ所あります。



太衝
taisyou.gif.jpg
足の親指と人差し指の股の部分から

甲の方向になぞって行き、指が止まる所。

左右で2ヶ所あり。



失眠
situmin.gif.jpg

かかとの中央。

左右で2ヶ所あり。



用意するもの

先が丸い棒。たとえば、ボールペンの尻側とか。
あんまり尖っていると痛いので、数種類用意して、試してみてください。
指でもいいですが、器具のほうが押しやすいと思います。

やりかた

息を吐きながらゆっくりツボを押してゆき、ズーンと感じたら
5秒そのまま停止。(心地よい痛みがベストの刺激量です。)
これを3回ずつ行います。(やりすぎないようにしてください。)

初めの数日間は軽めに、慣れるにしたがって強さや回数を
増やしてゆくと良いでしょう。


また、こんな方法もあります。試してみたらどうでしょうか?

@アロマテラピー 

アロマとは香り、テラピーとは治療のこと。
最近はハープを使った芳香療法が人気のようです。

寝室にほのかな香りを漂わせることにより、気分をリラックスさせ
入眠しやすくしたり、より深い眠りへと導いてくれます。

好みのハープを枕に入れて効果をあげている方もいるようです。


A眠れぬときの軽いドリンク

少量のアルコールも気分をリラッタスさせてくれます。
ビールなどの炭酸入りよりワインや梅酒などの果実酒がベターです。

アルコールが苦手な人はぬるめの牛乳を少し飲むのも有効です。
コーヒーや紅茶などは避けたほうが無難でしょう。

関連記事、 「不眠、浅眠は心(しん)と肝(かん)」も参考になさってください。


Produced by かもめ針灸治療室





posted by かもめ at 21:03| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ツボ療法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/15792495

この記事へのトラックバック