2006年04月27日

夜尿症(おねしょ)のツボ療法

ブログランキングに参加してます。
よろしかったら、あたたかい一票を!
人気blogランキングへ

医学的には、5歳を過ぎてもほとんど毎晩おねしょする場合を
さしますが、子供の成長には個人差がありますので、あまり
神経質に考えないほうが良いでしょう。

自律神経が発達してくればほとんどの場合、自然に治るものです。
ほめて自信をつけさせるほうが、ベターです。
叱ると逆効果です。

いったん治った夜尿がまた始まる場合は、ストレスが原因になって
いないか観察してあげて下さい。

使用ツボ:2点(3ヶ所)

@ 身 柱  (しんちゅう)

A 膀胱ゆ  (ぼうこうゆ)
  
この3ヶ所に今回はソフトな指圧をしてみましょう。

身柱
sintyuu.gif.jpg
肩甲骨の上端を結んだ線と、背骨が交わる付近。


膀胱ゆ
boukouy.gif.jpg
尾てい骨より3〜4センチ上がったところから、3センチ位外側。


やりかた
  
指や先の丸い棒などを使って痛くない程度の刺激を
5〜10回くらいづつ、ゆっくりと行ってください。
  
治療というよりも、子供との触れ合いという感覚で
行ったほうが、リラックスできて効果がいいようです。

  
したがって、夜のお休み前パジャマに着替えて
布団やベットの上で会話しながら楽しくやってください。
本人が気乗りしないようなときは無理強いしないでください。

克服していくうえで大切なポイントは

うまくいったときは少し誉めて一緒に喜んであげ、失敗したときは
過度の激励やなぐさめを言わないことです。

みんな通ってきた道なのですから心配ないんだ、
そういう気持ちにさせて、緊張を取り除いてあげてください。

Produced by かもめ針灸治療室







  

posted by かもめ at 14:05| ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | ツボ療法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
でんちゃんもおしっこ近かったから良くわかりますね・・子育ての若いお母さんにたちに教えてあげたいね。
Posted by at 2006年04月28日 00:37
いつもありがとうございます。
私も子供の頃、よく失敗して怒られていた記憶が残っています。すると、余計緊張して夢見るんですね。
「今日は成功だ!」なんて、朝トイレにおしっこしに行ったら、まだ布団で夢の中だったりして…^^;。
Posted by >でんどう三輪車さんへ at 2006年04月28日 17:57
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/15644004

この記事へのトラックバック