2006年03月18日

こころの傷

一昨年、知人が脳梗塞で倒れた。

あと数ヶ月で定年退職を迎える矢先だった。

奥様の治療で送り迎えをしてくれていた頃、

「定年後はあちこちへ旅行したいなぁ。二人で行くんだから女房の体、
しっかりお願いしますよ。ともに健康でなきゃ行けないからね。」

と、笑いながらお茶をおいしそうに飲むやさしい人だった。



昨年、久しぶりに治療に見えた奥様は、心身疲れきっていた。

手術により一命は取り止めたが、重い障害が残り車椅子での
生活を送っているという。

ご主人のショックは大きく、イライラが日を追って増してきたのだという。

入院中はさほどでなかったが、自宅に帰ってからは
はばかることなく、妻に苛立ちをぶつけてくるようになった。


「俺が何か悪いことをしたのか!どうしてこんな体に、どうして!」 

大声を出し、物を投げ、暴れる。


「この先、ずっと介護の人生が続くと思うと憂うつになります。
主人も辛いでしょうが、私もつらい。 なにより、彼の人格が変わってしまったことが一番ショックなんです。」

彼女はそういって涙を流した。

なぐさめの言葉が思い浮かばなかった。


そのご夫婦にきのう偶然出会った。

「これから、病院なんです。」

会釈をしながら彼女は案外元気そうだった。
ご主人が私をチラリとみた。

私はあいさつの言葉をかけたが…、彼は横を向いてしまった。

以前の彼ではなかった。

私はこころが痛んだ。

しかし、二人の受けたこころの傷に比べれば…。

重い気持ちで、去ってゆく車椅子を見送った。

ブログランキングに参加してます。
よろしかったら、あたたかい一票を!
人気blogランキングへ

Produced by かもめ針灸治療室
posted by かもめ at 16:43| ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | エッセイ・日々の雑文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私の母も脳梗塞で一昨年倒れ、その後ずっと病院にいます。おしゃべりが大好きな母が、話せなくなってしまいました。私は遠距離ということもあり、年数回、ようすを見に行くのがやっとです。
本人も周りも切ないですね。
Posted by nedwriter at 2006年03月20日 14:27
そうですか…。私の父も定年の1年前に脳梗塞で倒れてしまい、一時会話が大変だったときがありました。幸い、ほとんど回復し80歳の今でも元気です。母は(育ての母)腎臓を壊して54歳で亡くなりました。そうしたことも今の仕事のひとつの動機になっています。
Posted by かもめ at 2006年03月20日 17:20
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/15022919

この記事へのトラックバック