2006年03月09日

便がおしえる体の異常

ブログランキングに参加してます。
よろしかったら、あたたかい一票を!
人気blogランキングへ

大腸がんの血便を,痔によるものとばかりに思い込んでいるうちに
手遅れになってしまったという話を聞きました。

大腸がんと痔の見分け方として、大事なポイントを少し挙げて
みたいと思います。

痔による血は鮮明であり,ガンの出血は赤黒い色です。
ガンの場合は痔のような激しい痛みを伴いませんが、便秘と下痢を
繰り返したり、便が細くなったりします。


真っ黒い便はタール便といい、胃や十二指腸での出血が疑われます。

小腸や大腸の上部で出血があるときは黒褐色になります。
(ただし、貧血の治療で、鉄剤を服用している方も黒くなります。)

黒色便や白色便と一緒に皮膚に黄だんがあらわれるときは、
肝臓、胆のうやすい臓の病気が疑われます。

正常な便の色は、黄褐色から茶褐色で食事の内容や胃腸の状態で変化します。

海苔などをたくさん食べると、便が一時的に黒くなることがあります。

大切なことは、便の色も個人差がありますので、健康状態のよいときの
便をよく見ておくことでしょう。

そして、おかしいなと思ったら早めに精密検査を受けることです。

次回は『便秘のツボ療法』です。


Produced by かもめ針灸治療室
posted by かもめ at 08:32| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 医学全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/13676859

この記事へのトラックバック