2009年06月27日

突発性難聴に朗報(その2)

突発性難聴に朗報(その1)を読む

前回は突発性難聴の程度と予後(治療効果の見通し)について書きました。

簡単におさらいをしますと、

20〜40dB :軽度難聴  →完治が期待できます  
      
40〜60dB :中程度難聴 →かなりのレベルまで良くなることが期待できます

60〜80dB :高度難聴  →耳鳴りや耳の違和感が残るかも知れませんが、

                 日常生活は可能なレベルまでは期待できます

80dB〜   :超高度難聴 →ほとんど聴こえなかったものが、雑音として聴こえるようになったり、

             聴こえはするが言葉としては分かりづらいなどの後遺症が残るかもしれません

※ あくまでも早期に治療を開始、という前提です。
開始が遅れると治りも悪くなり、後遺症も残りやすい傾向があります。



今回はオージオグラムのパターンについて書きたいと思います。

オージオグラムというのはオージオメーターという検査機器で聴力検査をして結果をグラフ化した図をいいます。

ひとくちに突発性難聴といっても、低音が聴こえないタイプ、高音域に障害が出ているタイプなどがあります。


(低音域障害タイプ)
オージオ低音障害例.jpg横軸は音の高低(周波数Hz)で右にゆくほど高い音です。


縦軸は音の強さを表していて、20dBより上にあれば正常です。下にゆくほど聴こえにくい状態を示しています。

この図では低音側の聴こえが悪い、すなわち左下がりパターンです。




(高音域障害タイプ)
オージオ右下がり.jpgこの図では右に行くほど聴こえが悪い右下がりパターンで、高音の聴こえが悪いタイプです。

経験的に低音域障害より高音域障害のほうが治りにくいかな、という感触を持っています。







(中音域障害タイプ)
オージオ谷型.jpg突発性難聴の中でも一番日常生活で辛いのがこの谷型パターンだと思います。

低音域や高音域はさほどひどくなく250〜4000Hzの中音域が聴こえないパターンです。

250〜2000Hzは言語帯域と呼ばれ、人間の音声の大部分がこの波長帯なために会話が聞き取れないのです。



(低音域、高音域障害タイプ)
オージオ山型.jpg谷型と反対に言語帯域の250〜2000Hzは聴こえるが、低音域、高音域が難聴の山型パターンです。

普通の会話はできますが職業柄、たとえば音楽関係のお仕事をされている方には支障が大きいと思います。

また耳鳴りや音のこもる感じなどの違和感が谷型より強い傾向があります。





オージオグラムはお願いすればコピーをもらえます。

いざというとき、どのタイプかを知ることで多少なりとも不安の低減に役立つと思います。

突発性難聴に朗報(その3)を読む

突発性難聴について、ホームページに詳しい特集がありますのでこちらも参考にしてください。

トピックス『突発性難聴と鍼灸治療』




さて、緑のカーテンのその後です。

きゅうりの収穫第一号です〜!


090626 初きゅうり.jpgよくもまぁ、こんなに立派に曲がってくれました。

作り主の根性に似たんじゃないの?という声もありますが(爆)、2本目以降はまっすぐでした。(笑)

近くに保育園があり、毎朝子ども達がのぞきこんでゆきます。

毎日大きくなってゆくきゅうりに興味津々の様子。

ただ、もぎにくい…。

先日のある男の子。

「あれぇ、きゅうりがなくなってる!どこいったんだろ?だれか食べちゃったのかなぁ。」

と、いかにもさみしそうな顔。

ドンドン大きくなるさまを見せてあげたいけど、そうはいかないし…。^^;

ブログランキングに参加してます。
あなたのクリックが励みになります!
人気blogランキングへ

Produced by かもめ針灸治療室

健康だより一覧へ  ツボ療法一覧へ



posted by かもめ at 08:04| ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 突発性難聴に朗報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お早うございます・・きゅうりが美味しそうですね・・もぎたての新鮮なのを食べてみたーイよ。
Posted by でんどう三輪車 at 2009年07月03日 06:57
でんさんへ

おはようございます。
コメントを見るのが遅くなってしまいました。
実はまた、入院していました。
その辺はまたおいおいと書きたいと思います。
元気さではキュウリに完全に負けております。(笑)
でんさんもお体気をつけてくださいね。^^)
Posted by かもめ at 2009年07月11日 07:15
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/122115780

この記事へのトラックバック