2009年03月29日

恐い腰痛の見分け方

頑固な腰痛が実はガン性のものだった…。

かなり前に半年間治療に来られていたFさんの妹さんから、最近、彼のことを聞かされました。

病弱な奥様の看病をしながら仕事に追われる毎日の中で、自分の体の異変に気がつかなかったのでしょうか…。

昨年の暮れに仕事中に気分が悪くなって倒れ、周囲から検査を強くすすめられ、それでしぶしぶ病院に行ったのだそうです。

『おくりびと』が遺作となった俳優の峰岸徹さんもそうでした。

単なる腰痛なのか、ガンなどの怖い腰痛なのかの判断は簡単ではありませんが、次の三つがポイントになると思います。


1.自発痛があるかどうか

自発痛というのはじっとしていても痛む、どんな体勢をとっても消えない、または軽くならない状態をいいます。

たとえばギックリ腰やヘルニアなどは横になったり一定の体勢を取ると痛みが軽減しますが、

ガンや炎症などが原因の場合はどんな姿勢をとっても痛いですし夜間も日中もずっと痛みが続きます。


2.時間の経過とともに増加する痛み

特にガンの場合、日を追うごとに、月を経るごとに痛みが増すようです。

そしてハリ治療をしても一時的には楽になってもすぐに戻ってしまいます。

したがって治療経過が思わしくなく、その辺が感じられる場合は専門の医療機関での検査をすすめています。


3.食欲はあるのにだんだん痩せてきている

初期のガン性腰痛は痛みがさほどひどくないので、つい軽く考えてしまいがちです。

おかしいなと思ったらまず検査を受けることが何より大切ですね

ブログランキングに参加してます。
あなたのクリックが励みになります!
人気blogランキングへ

Produced by かもめ針灸治療室

健康だより一覧へ  ツボ療法一覧へ






posted by かもめ at 09:39| ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 医学全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
でんちゃんも・・ポリープが見つかり・・初期の胃がんでした・・8日に入院します・・早く分り幸いでした・・ほんとに健康診断は大切ですね・・健康こそが何よりの宝だと思います。
Posted by でんどう三輪車 at 2009年04月07日 01:09
でんさんへ
そうですか。でも、早く見つかってよかったですね。
早期の胃がんは一番治りのいいガンだと思いますから、きっと大丈夫!
がんばって行ってらっしゃい。
そしてこの機会にゆっくり休んでくださいね。^^)
Posted by かもめ at 2009年04月08日 06:49
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/114093292

この記事へのトラックバック