2018年03月31日

不妊の鍼灸医学的分類(5)血瘀

(症例)血瘀 (けつお) による不妊

Dさん 35歳 会社員
結婚6年 不妊歴6年
体外受精での妊娠希望
通院歴 3年半

体の状況
    生理痛がひどく、毎周期、鎮痛薬服用    
    頭痛、肩コリ、腰痛、最近は膝も少し痛い
    肩コリがひどくなると肩甲骨や首も痛くなる
    便秘がちで便秘薬を常習
    
    経血はどろりとした塊りが出ることが多い
    周期の乱れはなく、排卵もきちんとある
    人工授精8回、体外受精5回(うち、顕微授精2回)するも妊娠せず
    通院に疲れたので、やめて体を休めている

    仕事が営業チームのリーダーでストレスが多い
    この2年で体重が6s増加 休日や夜間に過食してしまう
    タバコはやめていたが、不妊治療のストレスや
    仕事のストレスで週3〜4本吸ってしまう
    お酒が好きでかなり強い

CHEX005.jpg







舌診
  全体に赤黒く、所々に青紫の小斑点あり
  舌の裏側の静脈も青黒く太くやや浮き上がり気味

脈診
  いっけん力強い脈だが渋脈でやや弦脈(特に肝と心)

腹診
  全体的に硬く、強めに押すと数か所痛みあり

治療と経過
   血液状態があまり良くない様なので聞いてみると、
   中性脂肪やコレステロール値がやや高めとのこと。
   (薬のむほどではないとのこと)

   全身の血流改善の治療とともに
   食生活を含めた生活全般の見直しをしていただいた。
   徐々に体調がよくなり、半年後の血液検査でも改善が見られた。

   初診から9カ月後の体外受精で妊娠。

CDGY006.jpg






考察    
  血瘀というのはわかりやすく言うと「ドロドロ血液」の状態です。
  原因はいろいろあり、現代人に結構増えている病態です。
  こういう状態になりますと全身の血流状態が悪化しますので、
  不妊原因のなかでも着床がうまくいかない原因になります。

  Dさんは生活習慣の見直しにも積極的に取り組んでいただき
  体重も5s減量でき、標準体重に入ったことも良かったと思います。
  過度のストレス、喫煙、過度の飲酒、睡眠不足、肥満なども
  不妊要因になります。

  体外受精を成功させるためにも、着床がうまくゆく体づくりも大切です。
  最後に、Dさんには不妊クリニック転院をアドバイスしたことも結果的に
  良かったかなと思います。
  クリニックとの相性面でも少し問題があるようでした。

Produced by かもめ針灸治療室

健康だより一覧へ  ツボ療法一覧へ




posted by かもめ at 08:09| 神奈川 | Comment(0) | 不妊症と鍼灸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月29日

不妊の鍼灸医学的分類(4)気血両虚

(症例)気血両虚 (きけつりょうきょ) の不妊

Cさん 29歳 専業主婦
結婚5年2ヶ月 不妊歴2年
自然妊娠希望
通院なし

体の状況
   疲れやすく慢性的にだるさあり
   ときどきめまいやふらつきあり
   貧血、冷え症、動悸、浅眠、風邪をひきやすい
   食欲弱く、食べ過ぎるともたれる
   爪がもろく、割れやすい

舌診 
   色がやや白っぽく、舌体が薄い
脈診
   全体的に脈状は沈んで弱い
腹診
   全体的に張りなく、特に臍下に力なし

CHTI037.jpg





治療と経過
   胃下垂気味で、幼少時から虚弱体質とのことで
   気血両補(きけつりょうほ)の治療も加えながら、
   生活面では1日30分のウォーキングや体操、
   ストレッチングを続けてもらった。
   1年2カ月後に妊娠。   

考察
   当初、基礎体温も低めで2相化も明確でなかった(排卵も有ったり無かったり?)が
   9ヵ月ごろから状況の改善が見られたので不妊クリニックで検査をすすめた。
   AMH値が年齢の割に低く、卵子の発育も弱いことから体外受精に変更。
   採卵を2回実施し、3回目の体外受精で妊娠に成功。

   幼少から虚弱体質で食も細く体力不足が認められたので
   軽い運動で筋力をつけてもらったのも良かったと思います。
   当初は自然妊娠にこだわっておられましたが、
   この方の体質改善には長い時間がかかることから、体外受精に変更して頂き
   それが結果的に早道になったと思います。
   

Produced by かもめ針灸治療室

健康だより一覧へ  ツボ療法一覧へ




  



posted by かもめ at 18:29| 神奈川 | Comment(0) | 不妊症と鍼灸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月26日

不妊の鍼灸医学的分類(3)肝気鬱血

(症例) 肝気鬱血  (かんきうっけつ)  の不妊

Bさん 34歳 会社員
結婚4年9カ月 不妊歴4年
体外受精希望
通院歴7ヶ月(不妊専門病院)

体の状況
    この2ヶ月間生理なし。生理不順がひどい。
    不妊専門病院で体外受精をめざしているが、なかなか良い卵に育たず採卵できたのは2回だけ。
    移植3回したが、妊娠に至らない。

    日頃からイライラ感があり、不眠、不安感、夢をよくみる。
    肩コリと目の疲れ、目の奥が痛い、疲れやすい
    冷え性と脚のむくみ、便秘と下痢を繰り返す
    たまに胸痛あり(一過性で軽い) ため息が多い

CHTI035.jpg
    







舌診
  全体的に血色悪く、舌の先端が赤い
  舌の横側に行くほど色が青黒く、舌の中央に亀裂が少しあり

脈診
  一見元気よい脈だが、肝と心の脈に緊張が感じられる
  腎の脈は弱い

腹診
  みぞおちから右の肋骨下にかけてが張りが強い
  押されると不快感少しあり(上腹部全体的に)
  

治療と経過
イライラが強いので病院の先生に相談し漢方薬も出してもらい、
鍼灸も疎肝理気(強く張っている肝の気を鎮め、気のめぐりを改善させる)を主眼に治療を継続。
治療開始して1年2カ月目で妊娠。

考察
この方は典型的な肝気鬱血タイプです。
パワハラ上司による長年のストレスでメンタル面の疲労蓄積が大きな原因でした。
強いストレスは交感神経を緊張させ全身の血流を悪化させます。

イライラしやすい、いやな夢を繰り返し見る、食欲が異常に亢進して止まらなくなる、
などの症状が複数ある場合はストレスから来ている場合があります。

この方は幸い、この上司が転勤してからストレスも徐々に軽減し、
鍼灸治療と漢方薬も併用したのが効いたようで、妊娠することができました。

Produced by かもめ針灸治療室

健康だより一覧へ  ツボ療法一覧へ



   
posted by かもめ at 20:27| 神奈川 | Comment(0) | 不妊症と鍼灸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月19日

不妊の鍼灸医学的分類(2)腎虚

(症例)腎虚 (じんきょ) の不妊

Aさん 33歳女性 会社員 
結婚5年6ヵ月 不妊歴3年 
自然妊娠希望  
通院歴10ヶ月(総合病院婦人科)

体の状況
  冷え症がひどく冬はよくしもやけになる
  疲れやすく肩が凝ってつらい、夕方足がむくむ
  便秘がちで尿の出も悪い
  花粉症と耳鳴りが少しある、イライラしやすい
  月経周期30〜33日 生理痛軽い

舌診
  舌の色が赤み少なく、むくんで歯型がついている
  舌の中央に白苔多し

脈診
  脈は全般に弱く沈んで、特に尺脈(腎脈)沈細

腹診
  右の肓兪(こうゆ)、左の大巨(だいこ)に硬さあり

治療と経過
   この方は腎虚メインで、肝気うっ血も混在しているので
   状況に応じてツボを選びながら治療を進めた結果、
   徐々に冷え性等の体調が改善し、治療開始後2年3カ月で妊娠。

IP08_I04.JPG  

考察
  腎虚が主因の不妊は全体の約7割を占めます。
  Aさんは典型的な腎虚症で慢性的な冷えを改善するために
  職場での冷え対策と食事の改善もしていただきました。
  しもやけも出なくなり尿の出も良くなり基礎体温にも変化が出て妊娠に結び付いたものと思います。
  自然妊娠が希望でしたので時間はかかりましたが結果が出て本当に良かったです。

Produced by かもめ針灸治療室

健康だより一覧へ  ツボ療法一覧へ





  
posted by かもめ at 20:43| 神奈川 | Comment(0) | 不妊症と鍼灸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする