2016年10月15日

効果的な手洗い、うがいのポイント

この数日、急に寒くなりました。
風邪をひかないよう、ご注意ください。

昼夜の温度差が大きくなると自律神経が乱れ、免疫力が低下します。
それに加えて、温度低下で空気が乾燥するとウイルスが活性化します。
こうしたことで風邪をひきやすくなります。

1日5回以上手洗いをする人は風邪を引く可能性が45%減少するというデータがあります。
それくらい手洗いは予防に効果があります。

忙しいときは流水でさっと洗うだけでもよいのですが、
人混みや病院など感染リスクの高い場所から帰宅した際には
洗剤などで丁寧に洗いましょう。

CHPR001.jpg

石鹸などの界面活性剤は付着したウィルスを落としやすくします。
泡立てながら15〜20秒かけて手の甲や指の間、
指先、爪、手首まで洗うことがポイントです。

石鹸はウイルスを殺菌してくれると思いがちですが
ごく一部の石鹸を除いては殺菌作用はありません。
泡立てることでウイルスを皮ふ面から浮かせています。

皮膚から剥がして浮き上がらせたあとで
流水でしっかりと洗い流す、
洗い流しが足りないと皮ふ面に残ってしまいます。
そういう意識でやると効果がよいでしょう。


うがいも数回に分け、口の中のうがい(すすぎ)と
ノドのうがいというように分けておこなうと、効果が上がります。

CHPR008.jpg

ウィルスは口を経由しての感染よりも
鼻孔を通っての感染が多いので
鼻うがいを併用すると格段に効果がアップします。
1日1回、帰宅後や就寝前がおすすめです。

正式には鼻から入れた水を口から出すことによって
鼻腔内と咽喉部の付着ウィルスを洗い流すわけですが、
コツが要りますので難しい方はすすぐだけでもいいと思います。

専用の器具と洗浄水が薬局でも売られています。
洗浄水は水道水でもいいのですが塩分がないために
鼻腔の奥でしみます。

1リットルの水に9グラム位の塩を溶かした
食塩水で洗うと痛くなりません。

Produced by かもめ針灸治療室

健康だより一覧へ  ツボ療法一覧へ





posted by かもめ at 16:31| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 医学全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする